Pocket

ダイエットを考えた時、まずは身体についた脂肪を燃やすことが大切。脂肪を燃やすためには、代謝を上げることや運動することが有効です。脂肪燃焼の仕組みを理解して、生活習慣を見直し体質を改善して、理想の体型に近づけていきましょう。青汁は痩せやすい体質へと導いてくれ、ダイエットを強力に手助けしてくれます。

<脂肪燃焼のメカニズムとは>

脂肪は人間の重要なエネルギー源です。炭水化物やたんぱく質よりも重さあたりのカロリーが高く、体内での貯蔵性も高いので、激しい運動をする時よりもむしろ、平常時やゆるい運動の時に使われます。ところが、エネルギーとして使われなかった部分はそのまま貯蔵されてしまいます。それがいわゆる、「無駄なぜい肉」になるのです。

■脂肪は大事な栄養素の1つ

脂肪は、炭水化物やたんぱく質と並ぶ3大栄養素のひとつで、主にエネルギー源となります。また、細胞膜、血液、ホルモンなどの原料となり、ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助ける役割も果たします。脂肪の種類のひとつである脂肪酸は、血圧や血液凝固、炎症や他の体の機能のコントロールを助ける働きをします。中でも体内で合成されない「必須脂肪酸」は、食物から摂り入れることが欠かせません。

■使われると燃やされ、余るとたまってしまう

体内に摂り入れた脂肪は、消化吸収の過程で分解され、分解された時にエネルギーに変わります。しかし、過剰に摂り入れた脂肪は、いったん肝臓や脂肪組織に貯蔵されることになります。また、炭水化物やたんぱく質を過剰に摂取した場合も、余剰分は脂肪に合成され、貯蔵されることになります。逆にエネルギーが不足した時は、ホルモンと酵素の働きで、この貯蔵しておいた体脂肪を分解し、筋肉がエネルギーを消費します。この、摂取する栄養素と消費するエネルギーのバランスが取れていれば太ることはないのですが、摂取した分をエネルギーとして消費しきれないと、身体に脂肪が蓄積されて太ることになるのです。

<太りにくい体をつくるために>

太りにくい体をつくるポイントは、摂取した栄養素をどんどんエネルギーに変えて貯めないようにすること、そして基礎代謝量を上げて、黙っていてもエネルギーを消費する体にすることです。

■食べ方に気をつける

食事により血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んだり、それを貯蔵できる形に合成したり、脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり、それらが分解されるのを抑えたりする働きをします。ですので、血糖値が食事によって急に上昇すると、インスリンの分泌も早くなり、より多くのブドウ糖がエネルギーとして使われずに脂肪に変わって蓄積されることになります。それを防ぐには、血糖値がゆっくり上がるように食事の仕方を工夫すること。食べる順番の工夫が効果的です。血糖値を上げやすい食べ物はなるべく後の方で食べるようにしましょう。サラダ→汁物→メイン→炭水化物→デザートといった順番がおすすめです。

■お風呂の入り方にも意識すると痩せやすくなる

基礎代謝とは安静にしていても使われる、呼吸したり内臓を動かしたり体温を調節したりといった生命維持のためのエネルギー消費のことで、実は人間のエネルギー消費の70%は、基礎代謝なのです。ですので、痩せるためにエネルギーを使おう、と思ったら、基礎代謝量を増やすことが一番簡単。内臓の基礎代謝量はとても多いので、きちんとした食事をするなど内臓の活性化を助けることや、新陳代謝を活発にするために血行を良くすることなどが、とても大事です。ぬるめのお風呂に長時間浸かる半身浴は、血行の促進に効果的です。むくみの解消や、汗をかくことによって老廃物を排出する効果も期待できます。また、この入浴法は心臓への負担があまりかからないため、心臓に不安がある方でも安心して行うことができます。また、お風呂上りで体が温まっている時にストレッチを行うのも、筋肉を柔らかくして血行の良い身体をつくることにつながるでしょう。

生活習慣をほんのちょっと変えるだけでも、太りにくい体質につながり、ダイエットの効果を高めることができます。

<青汁で太りにくい体をつくれるって本当?>

食物繊維やカリウム、ビタミンなどの栄養素が豊富な青汁。青汁は、ダイエットの際、太りにくい体づくりをサポートしてくれます。

■食物繊維はダイエットに効果的

食物繊維は、コレステロール値を下げたり、糖質の吸収速度をゆっくりにして食後の血糖値の急激な上昇を防いだりする働きがあります。また、便秘を改善して腸内環境を整えてくれる効果もあります。

■むくみの解消に有効なカリウム

カリウムは体内のナトリウムを排出する働きがあります。体内のナトリウム濃度が高いと水分をキープしてしまうため、むくみが起こります。ですので、むくみの解消には、カリウムを十分に摂る必要があります。

■豊富な栄養素によって代謝が上がる

青汁にはビタミンやミネラルが多く含まれており、基礎代謝を上げてくれます。基礎代謝は安静状態でも継続するエネルギー消費ですので、日常生活の中でカロリーをどんどん消費できるようになり、痩せやすくなります。痩せやすい体質に変わることで、ダイエットの成功がスムーズになります。

<青汁だけではダメ!きれいに痩せるには運動も必要>

キレイに痩せるには、食事制限だけでなく運動をすることが欠かせません。食事制限のみでダイエットを行うと、リバウンドを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

■筋肉が減るとリバウンドしやすくなる

食事制限のみに頼ったダイエットは、逆に痩せにくい体を作ってしまいます。これは、ダイエットによって脂肪も減りますが同時に筋肉も減ってしまうためで、筋肉が減ると基礎代謝量が落ちてしまうのです。人間のエネルギー消費のおよそ70%は基礎代謝によるものですから、これが落ちてしまうと、一時的に体重が減ってもリバウンドしてしまう可能性が高くなります。

■きれいに痩せるには運動を行うことが大切

ダイエットを成功させるには、運動も同時に取り入れましょう。運動すると筋肉量は維持できますから、基礎代謝量をキープすることができ、リバウンドしにくい体質になります。また、筋肉を適度につけることで、体重減少と共にガリガリの貧相な体つきになってしまうことを防ぎ、美しい体形になることができます。

きれいに痩せるには、運動が必要です。食事のコントロールと運動は、どちらもダイエットに欠かせません。豊富な栄養を含む青汁はダイエットを強力にサポートしてくれ、ついついそれだけに頼ってしまいがちになりますが、運動も大切です。青汁に上手にサポートしてもらいつつ、継続的な運動も頑張ることで、きれいな体形を目指しましょう。

関連記事